Movies | qplus animation

Movies

夢十夜

夢十夜

解説:夢十夜
「カットノベル」というサイトが著作権が切れた小説の1分間プロモーションムービーというコンセプトでムービーを募集しています。
今回はじめて砂という素材を使って、大好きな夏目漱石の「夢十夜」を映像にしてみました。楽しんで作った自主制作が思いがけずカットノベルアワード優秀作品賞をいただいてとても嬉しいです。ぜひご覧ください。
カットノベル.com

yokoline
ネコマチッタ物語〜ゼブラさんの手紙

ネコマチッタ物語〜ゼブラさんの手紙

解説:ネコマチッタ物語〜ゼブラさんの手紙
猫作家の小嶋伸さんが発起人となり、震災、原発事故を受けて、「本当の豊かさ」とは「大切なことは」という思いをもとに、精魂込めて制作した自主制作作品です。
人形のデザインと頭制作、プロデューサーは小嶋伸、アニメート人形制作と監督は彩工房の鈴川香織里、アニメーションは彩工房の中根雅子、撮影照明は川本喜八郎「死者の書」の伊丹邦彦。qplusは脚本と美術を担当。制作にあたりたくさんの方々から協賛金のご協力をいただきました。DVDが発売中です。
お話:星まつりの始まるある日のこと、ネコマチッタ郵便局で配達のお手伝いをしているウォルナット が手にした手紙は、「白箱島・ブラックエボニー様」という宛先のもの。「白箱島」に誰か住んで いたっけ? ウォルナットは不思議に思ってちょうど通りかかった発明家のヘムロックに聞いてみ ました。するとヘムロックは思いがけない事を話し始めたのです。
それはネコマチッタのちょっとほろ苦い過去のお話でした、、、。
yokoline

落語猫グータラ編

落語猫グータラ編

解説:落語猫とは
それは日常ちょっと「いやな感じ」時、突然現れて小話を一席語る一種の妖怪である。小話を聞いたものは脱力して、でもちょっと楽しい気持ちになる。
落語好きとしてはシリーズで作っていきたいと思います。youtubeにアップしました。ぜひご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=rnNOdHg6sLg

yokoline

だってわたしは猫だもん

解説:qplusのキャラクター猫のアイちゃんが歌って踊るミュージカル人形アニメーション。qplus初のオリジナル作品です。歌詞とメロディもqplus作です。
youtubeにupしました。ぜひご覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=O56mf09ILXc

yokoline

人形劇ギルド

解説:ロックバンドBUMP OF CHIKENのボーカル、藤原基央のオリジナルストーリーを人形アニメーションにしたもの。台詞なし、字幕のみでストーリーを展開させていく。後半に流れるBUMP OF CHIKENのGUILDの音楽が切ない。「人形は何かを一生懸命やっている時が一番美しい」という言葉がぴったりの作品です。 qplusでは彩工房の一員として美術を担当。監督はBUMP OF CHICKENのPVディレクター番場秀一。